外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 急増が見込まれる都市部の高齢者の住まいや介護の在り方を話し合う厚生労働省の検討会は20日、地方自治体が施設を整備して高齢者の移住を促す動きに対し「慎重に検討すべき」として、無条件の受け入れは望ましくないとの報告書をまとめた。検討会は都市部での介護施設不足の解決策として、地方の特別養護老人ホームなどへの移住が可能か議論してきた。報告書は「高齢者本人の意思に反し地方移住を強いる恐れがある」などと指摘。

共同通信