外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 65歳以上のお年寄りで構成される高齢者世帯の数が12年に1024万1千世帯(推計)と過去最多になったことが4日、厚生労働省の「国民生活基礎調査」で分かった。全世帯の21・3%に上り、世帯の高齢化が一段と進んでいることが示された。高齢者世帯は、夫婦だけで生活したり、1人暮らしをしたりする世帯で、18歳未満の未婚者との同居も含む。これまでの最多は10年の1020万7千世帯だった。

共同通信