外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 65歳以上の高齢者への親族による虐待の相談や通報を受け、自治体が加害の事実を確認した事例が08年度は1万4889件に上ったことが19日、厚生労働省の調査で分かった。07年度よりも12・2%増えた。介護施設などで職員から虐待を受けた事例も12・9%増の70件。一方、介護をめぐる親族からの虐待による死者は24人。高齢者虐待の厳しい現実があらためて浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信