外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 75歳以上のドライバーを対象に認知症検査を強化する道交法改正案が10日、閣議決定された。検査で認知症の疑いがある「第1分類」になると、速やかな医師の診断書の提出が義務づけられる。判断力や記憶力の低下による事故を減らすのが狙い。道交法では、認知症と診断されれば、免許取り消しか停止となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信