外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 栃木県立博物館(宇都宮市)は13日、宇都宮市の鬼怒川河川敷で約1千万年前のクジラの化石が見つかったと発表した。頭から尾までほぼ全身の骨格がそろった状態で、同館は「全身の骨が並んだ状態で出土するのは極めて珍しい」としている。同館によると、化石は耳の骨の特徴からナガスクジラの一種とみられる。頭や尾などの骨が元の骨格をほぼ保った状態で出土しており、全長約8メートル。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信