外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 歌手鬼束ちひろさん(30)に激しい暴行を加えたとして、傷害罪に問われた元交際相手の無職古宮裕輔被告(39)は16日、東京地裁の初公判で「1回平手打ちをしただけ」と起訴内容を一部否認した。検察側の冒頭陳述によると、被告は事件の数週間前、鬼束さんと出会い交際を始めた。鬼束さんの自宅マンションで一緒に住むようになったが、事件が起きた早朝、顔などに暴行を加えた、としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信