外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】中国で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が増える中、重慶市の鶏肉料理店が「食事をしたお客さんが感染したら最高60万元(約950万円)の補償金を支払う」と宣言し、客足を取り戻そうと躍起だ。重慶晨報(電子版)が18日までに伝えた。鶏肉を煮込んだ鍋が名物のこの店は、客が食事をしてから30日以内にウイルスに感染した場合には治療費を全額負担し、死亡の場合には60万元を支払う。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信