外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のハートル報道官は3日の記者会見で、中国で感染者が相次いでいる鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)について、今後も新たな感染者が見つかる可能性が高いと警告した。報道官はウイルスが「人に感染しやすい形に変異したと考えている」とした上で「人から人に感染した証拠は見つかっていない」と説明。世界的大流行を意味する「パンデミック」を考えるには「まだ程遠い段階だ」とも述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信