外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】国連食糧農業機関(FAO)は30日までに、国際的な不況が続く中で各国政府などが鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の監視と予防措置を怠れば、2006年に起きた世界的な流行を再び招く恐れがあると警告した。FAO当局者は「国際的に景気低迷が続いていることで、鳥インフルエンザや、他の動物由来の疾病を予防するための財源が減り、各国政府が警戒を維持できなくなっている」と懸念を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信