ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

鳥インフル、北京で初の感染確認

 【北京、上海共同】中国中央テレビによると、北京市の衛生当局は13日、同市の7歳女児が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)に感染したことが確認されたと発表した。同型については上海市と浙江、江蘇、安徽の3省で確認されているが、北京市での感染確認は初めて。女児の容体は安定している。衛生当局は女児と密接に接触していた周囲の人に異常は見られないとしている。北京市は同型ウイルスへの警戒を一段と強める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。