外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳥取の連続不審死事件で、2件の強盗殺人罪などに問われ、死刑を求刑された元スナック従業員上田美由紀被告(38)の裁判員裁判の判決で、鳥取地裁の野口卓志裁判長は4日、主文を後回しにし、判決理由の朗読を始めた。厳刑が予想される。裁判長は「起訴内容についてはすべて有罪とする」と述べ、2件の強盗殺人を認定した。検察側は被告の同居相手だった元会社員の男性の証言を軸に「被告以外の犯行はあり得ない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信