外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 債務を免れるため、鳥取県で男性2人を殺害したとして、強盗殺人罪などに問われた元スナック従業員上田美由紀被告(38)の裁判員裁判の論告求刑公判が5日、鳥取地裁(野口卓志裁判長)であり、検察側は「命をもって償わせる以外に選択肢はない」として死刑を求刑した。検察側は論告で「私利私欲のために2人の命を奪った」と述べ、「睡眠薬を飲ませ、海や川へ誘導し溺死させた。計画的で卑劣極まりない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信