外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳥取県の男性3人連続不審死事件で、3人のうち10月に鳥取市内の川で遺体で見つかった自営業円山秀樹さん(57)の顔に、激しく押しつけられたような傷あとがあったことが7日、分かった。円山さんを含む3人の遺体からはいずれも、睡眠導入剤と風邪薬の成分が検出されており、県警は殺人容疑も視野に本格捜査を開始。円山さんは、右目や唇に大きな裂傷があり、親族は「石に押しつけられたよう」と話しているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信