外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳥取県は18日、同県米子市にある民家のベランダで今月4日に衰弱した状態で見つかり、5日に死んだ野生とみられるコハクチョウの幼鳥1羽から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたと明らかにした。県によると、民家は鳥インフルエンザの感染が確定した島根県安来市の養鶏場から半径10キロ圏内。県はこれまで県内の農場などで検査を実施してきたが、異常は見つかっていなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信