外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳩山首相は20日、臨時国会で26日に行う初の所信表明演説の骨格を固めた。首相が掲げる「友愛の社会」の実現へ決意を示し、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に基づく国民生活、地域主権を重視した政策への転換を強調。当面の景気に配慮した雇用政策を訴える一方、米軍普天間飛行場の移設問題では踏み込まない考えだ。社民、国民新両党の党首らが参加する基本政策閣僚委員会で、内容を最終調整する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信