外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 近代日本を代表する文豪、森鴎外(1862~1922年)が翻訳出版した自著に記した96年前の原作者あて献呈文が、ドイツ・フランクフルトのゲーテ博物館で見つかったことが21日、分かった。直筆と確認した鴎外のひ孫でエッセイスト森美奈子さん(63)は「鴎外の資料は、これまでに出尽くしていると思っていたので驚いた。筆跡などから、きちょうめんな曾祖父の人柄が伝わってくる」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信