外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープは12日、台湾の鴻海精密工業から3888億円の出資を受け、鴻海の子会社になったと発表した。買収手続きの完了を受け、高橋興三社長が同日付で退任。13日に臨時取締役会を開き、後任に鴻海グループの戴正呉副総裁が就任する。鴻海はシャープ株の66%を取得した。国内の電機大手が外国資本の傘下に入ったのは初めて。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信