外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】2012年ロンドン五輪会場となるO2(オーツー)アリーナで17日行われた体操の世界選手権種目別決勝の女子段違い平行棒で、鶴見虹子が14・875点で、日本女子の種目別で1966年の池田敬子以来43年ぶりとなる銀メダルを獲得した。16日の個人総合の銅に続き2個目のメダル。男子床運動の内村は、ラインオーバーの減点が響き、3位に0・100点及ばない4位だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信