外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環境省は21日、鹿児島県の出水平野に飛来していた絶滅危惧種のナベヅル1羽の死んだ個体から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。ウイルスはH5N1型。強毒タイプかどうか確認中という。さらに、別の3羽についても簡易検査で陽性と判明した。今後鳥取大に送り詳しく調べる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信