外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鹿児島県の研究者らでつくる「奄美海洋生物研究会」は17日、国内で初めて産卵が確認されたアカウミガメとタイマイの雑種の卵が、同県・奄美大島でふ化したと発表した。同研究会の興克樹会長によると、今月11~13日に53匹が卵からかえった。ふ化直後の体長は約4センチで、アカウミガメやタイマイにはない首や前足の付け根の白い模様が、ほとんどの個体に入っていた。

共同通信