外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 建設大手の鹿島が東京国税局の税務調査を受け、10年3月期決算までの3年間に約19億円の申告漏れを指摘されたことが16日判明。うちアルジェリアの高速道路建設工事をめぐり海外ブローカーに支払った業務委託費約4億円は利益供与に当たるとして悪質な仮装隠蔽を伴う所得隠しと指摘された。同社の関係者などによると、鹿島が元請けの共同企業体は06年9月、アルジェリア公共事業省から約5400億円で高速道工事を受注。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信