外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 サッカーの第90回天皇杯全日本選手権は29日、東京・国立競技場などでJリーグ1部勢による準決勝2試合を行い、4度目の優勝を目指す鹿島と2度目の制覇を狙う清水が来年1月1日の決勝(国立競技場)に進んだ。鹿島は延長後半ロスタイムに興梠が決勝ゴールを挙げ、2―1でFC東京を振り切った。清水は史上初の3連覇を狙ったG大阪に、ヨンセンの2ゴールなど3―0で快勝した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信