外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相が検討する夏以降の内閣改造と自民党役員人事を巡り、内閣の要として首相を支えてきた麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官の留任が有力となった。自民党の二階俊博幹事長や高村正彦副総裁の続投も調整する。党関係者が19日、明らかにした。支持率は急落したものの、内閣の骨格を維持して政権基盤の安定を優先させる方針だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信