外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 パーティーで合成麻薬MDMAを所持、使用したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた会社員の男性被告(28)の論告求刑公判が5日、名古屋地裁(室橋秀紀裁判官)であり、検察側は「犯罪を証明できない」として無罪を求める異例の論告をした。パーティーに参加していなかったことが立証されたという。判決は19日に言い渡される。名古屋地検によると、携帯電話の画像などから、別の場所にいたアリバイが裏付けられたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信