外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】11月28日から黄海で行われている米韓合同軍事演習は最終日の12月1日、米原子力空母ジョージ・ワシントンの護衛訓練などを続け、同日午後、全訓練を終了した。韓国軍は6日から周辺水域29カ所で対艦砲などを投入した大規模な海上射撃訓練を実施、今後も北朝鮮に対する圧力を強化する。韓国軍合同参謀本部は、年内に追加の米韓合同海上軍事訓練を行うことを米側と協議中と明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信