外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米南部フロリダ州の黒人少年射殺事件で、無罪となった元自警団リーダーのジョージ・ジマーマン氏(29)が無罪評決の4日後、交通事故に遭った家族を車内から救出していたことが分かった。米メディアが23日までに伝えた。射殺事件の背景には人種差別があるとして、黒人社会を中心に無罪評決への抗議運動が拡大している。その渦中の“お手柄”に、同氏の弁護士は「彼にとっては当然の行動」とコメントした。

共同通信