外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州の路上で昨年2月、黒人少年を射殺したとして殺人罪に問われた元自警団リーダーの被告の裁判で、同州セミノール郡の陪審は13日、無罪評決を出した。米メディアが報じた。事件をめぐっては当初、地元警察が正当防衛を主張した同被告を逮捕せず「人種差別ではないか」との批判が起こり、首都ワシントンやシカゴで黒人権利擁護団体が逮捕を求める抗議集会を開くなど、大きな波紋を呼んだ。

共同通信