外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 次期日銀総裁候補の黒田東彦氏は11日午前、参院議院運営委員会の所信聴取で、日銀総裁に就任した場合は「早期に金融緩和の具体的な措置を審議し決定したい」と表明した。遅くとも4月3、4両日に開く定例の金融政策決定会合で、追加金融緩和に踏み切る考えを示したとみられる。同時に「金融緩和と並行する形で政府の取り組みにも期待したい」と述べ、財政出動や成長戦略による賃金上昇や、財政再建に取り組むよう要請した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信