外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

経済成長期の電力需要に応えるため建設された日本の代表的ダムの一つ、黒部ダム(富山県立山町)が5日、完成から50年を迎えた。電力供給の主役は火力や原子力に移ったが、福島原発事故後に再生可能エネルギーとしての水力が見直される中、その歴史と役割に再び関心が集まりそうだ。「世紀の難工事」となった建設工事では作業員ら171人が殉職。作業員らの慰霊祭は同日午後、敷地内の慰霊碑前で開かれた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信