外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 暮らしの中で起きる消費者事故の原因を究明する消費者安全調査委員会(消費者事故調、委員長・畑村洋太郎東大名誉教授)は6日、消費者庁内で2回目の会合を開き、2006年に東京都港区で起きたシンドラーエレベータ製のエレベーターによる死亡事故など5件を、発足後初の調査対象に選定した。今年10月31日に金沢市で起きた同社製のエレベーター事故は対象としなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信