外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】リン米国防副長官は25日発刊の米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」最新号で、米軍のコンピューターシステムが2008年に外国情報機関に侵入され、史上最悪のサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。機密扱いだった被害を公表し、敵国やテロリストによるサイバー攻撃の危険性に警鐘を鳴らすのが狙い。現在は防御システムによって敵のネットワーク侵入を即座に探知できるとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信