外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米司法省は25日、大企業のコンピューターシステムから1億6千万枚以上のクレジットカード番号などを盗み出したとして、ロシア人ら5人の男を起訴したと発表した。同省によると、米国史上最大規模のハッキング事件で、被害額は数億ドル(数百億円)に達する見込みという。米コンビニエンスストア「セブン―イレブン」やフランス小売り大手「カルフール」など10社以上の欧米の大手企業が標的になっていた。

共同通信