外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 会計検査院は24日、旧国鉄職員約30万人に年金を支払う独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」に約1兆2千億円の余剰資金があると指摘。国交省に対し、同機構から余剰資金を国庫納付させるよう求めた。検査院の指摘金額としては過去最大。国交省は「返納に向け速やかに作業を進めたい」としており、大きな財政効果となる。同機構資金は、事業仕分けでも「国庫返納」と判定されていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信