外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】イスラエル国会(定数120)は16日未明、前倒し総選挙を来年1月22日に実施するとの政府案を全会一致で可決、解散した。最近の世論調査では、ネタニヤフ首相率いる右派リクードが第1党になる勢いで、首相続投の公算が大きいとみられている。ネタニヤフ氏の続投が決まれば、核兵器開発が疑われるイランへの武力行使を「来春か遅くとも来夏」とする強硬姿勢も維持される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信