外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都小平市の病院で5月、体調不良で診察を受けた当時1歳8カ月の男児の体内から、覚せい剤が検出されていたことが16日、警視庁東村山署への取材で分かった。男児は回復し、児童相談所に保護されている。東村山署によると、覚せい剤が体内に入った経緯について、男児の母親は「心当たりはない」と話している。5月下旬に母親が男児を病院に連れて行き尿検査の結果、覚せい剤の反応が出たため、病院が同署に通報した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信