外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「1票の格差」が最大2・13倍になった今回衆院選の無効請求訴訟で、升永英俊弁護士らの原告グループは15日午後までに全国14の高裁・高裁支部への提訴手続きを全て終えた。来年春には各地の高裁判決が出そろい、年末までに最高裁大法廷の統一判断が示される見通しだ。国会は訴訟の流れと並行する形で「1人別枠方式」の見直しを含む抜本的な格差是正を迫られることになる。

共同通信