外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 7月の参院選をめぐり、最大5・00倍の「1票の格差」は憲法違反だとして、神奈川選挙区などの有権者が選挙無効を求めた訴訟2件の判決が16日、東京高裁と広島高裁岡山支部であり、いずれも「違憲状態」との判断を示した。無効請求は棄却。参院選定数訴訟は、東京高裁が11月、原告が異なる訴訟2件の判決でそれぞれ「違憲」と「合憲」、今月10日の広島高裁判決が「違憲状態」と指摘。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信