ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

1週間でバッテリー解析、安全委

 飛行中の発煙で高松空港に緊急着陸した全日空ボーイング787について、運輸安全委員会は18日、当初は3カ月程度かかるとしていた発煙元のメーンバッテリーの解析を、約1週間に短縮させる考えを明らかにした。解析を依頼する第三者機関は「選定中」という。世界で影響が出ている787の運航停止について、再開の可否を早期に判断したい米側の意向を受け入れたとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。