外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府亀岡市で昨年4月、集団登校中の児童らの列に車が突っ込み、10人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷と道交法違反(無免許運転)の罪に問われた無職の少年(19)に、京都地裁は19日、懲役5年以上8年以下の不定期刑(求刑懲役5年以上10年以下)の判決を言い渡した。市川太志裁判長は「地獄絵のような事故現場は社会に衝撃を与え、遺族の処罰感情も峻烈だ。刑事責任は重い」と判決理由を述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信