外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、民主党は1日、10年度補正予算規模を総額5兆円とする方針を固めた。景気下支えや雇用拡大に即効性が高い公共事業が軸の追加経済対策に約4兆8千億円を配分。4日野党に大枠を提示、臨時国会での早期成立へ協力を求める。年内の予算執行を目指し、円高進行やエコカー補助金の終了による景気の腰折れを防ぐ。当初予算で大幅に減らした公共事業復活で、民主党の改革路線に逆行との批判が出そうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信