外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国大統領府の金章洙国家安保室長は7日、北朝鮮が10日前後にミサイル発射などの挑発活動を行う可能性があるとの見方を示した。北朝鮮が新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程約2500~4千キロ)2基を日本海側に移動させたことを念頭に置いた発言とみられる。金氏は、北朝鮮が平壌の外国大使館や国際機関に10日以降の安全は保証できないと通告したことなどを根拠に挙げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信