外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ビール大手5社が11日発表した発泡酒と「第三のビール」を含むビール類の10月の出荷量は、前年同月比6・2%減の3563万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と、10月としては過去最低だった。出荷する営業日が前年に比べ1日少なかったことに加え、下旬に全国的に気温の急激な冷え込みが目立ったことも響いた。内訳はビールが6・5%減、第三のビールは2・7%増。発泡酒は19・4%減。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信