外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は21日に発表した10月の月例経済報告で、景気の基調判断を2カ月連続で下方修正し「このところ弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている」とした。9月は「一部に弱さもみられる」との表現だったが、消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減や夏場の天候不順で個人消費の不振が長引き、自動車などの生産にも弱い動きが波及したことを踏まえた。

共同通信