ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

10月の景気判断「悪化」

 内閣府が7日発表した10月の景気動向指数(2005年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比0・9ポイント低下の90・6となり、7カ月連続で下落した。基調判断を「悪化を示している」とし、前月から下方修正した。判断の引き下げは2カ月連続。判断を「悪化」としたのはリーマン・ショック後の2009年4月以来、3年6カ月ぶり。内閣府は「景気後退の基調が定着している可能性が高い」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。