外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR各社と首都圏や中部、関西、福岡の大手私鉄など11事業者・団体は20日、それぞれが発行する計10種類のIC乗車券について、13年春の相互利用開始に向けて協議を始めると発表。相互利用が可能になるのは、JR東日本のSuicaや首都圏の大手私鉄などのPASMO、JR北海道のKitaca、JR東海のTOICA、福岡市交通局のはやかけんなど。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信