外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】エクアドル政府に亡命が認められ、ロンドンの同国大使館に長期滞在している内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ容疑者(41)が20日、大使館のバルコニーに姿を見せ、「ウィキリークスはさらに100万件超の文書を公開する用意がある」と述べ、来年も各国の機密文書などを公開する考えを示した。さらに、自身のスウェーデンへの移送をめぐる行き詰まり状態を解消するよう訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信