外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国の自治体が所在不明と発表した100歳以上の高齢者は22都道府県で325人に上り、うち33人は死亡、外国籍の2人の出国が確認されていたことが28日、共同通信社のまとめで分かった。依然所在不明の人は290人。各自治体の判断で所在不明者も含め既に218人は住民票を削除。高齢者の所在不明は7月28日に東京都足立区で「111歳」の加藤宗現さんの遺体が見つかったことから問題化。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信