外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山陽新幹線の須磨トンネル(神戸市須磨区)で保守用車両が7月に追突、脱線した事故で、JR西日本は23日、調査の結果、衝突防止装置は約100m手前になってからでないと作動しなかったと推定されると発表した。衝突防止装置は、先行車の後部と後続車の前部に取り付けられた赤外線センサーで距離を計測。本来は前方300m以内に車両を感知した場合に作動する仕組みだった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信