外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本県は20日、相次ぐ地震による避難生活などで健康が悪化して死亡する震災関連死とみられるケースが11人に上ったと発表した。安否不明者の捜索が続く南阿蘇村の河陽地区では20日朝、新たに男性1人が見つかり、死亡が確認された。山荘「火の鳥」周辺で19日に見つかり、死亡が確認された女性は、香川県東かがわ市の鳥居洋子さん(37)と判明した。地震による直接の死者は48人。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信