外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】国連食糧農業機関(FAO)などは2日、2011年前後にソマリア南部を中心に襲った飢饉の死者が推定25万8千人に上ったとの研究結果を発表した。半分以上の13万3千人が5歳未満の子どもだったとしている。死者は数万人規模とされていた当時の推定を上回る結果。国連ソマリア人道調整官のラザリニ氏は2日、11年7月に国連が飢饉を宣言する前に、もっと対策を取るべきだったとの声明を出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信